ブログ

毒とは何か

2014年6月18日

まず『毒とは何か』を定義する必要がある。
現代においては、そのほとんどが化学物質だと考えればよい。
つまり、医薬、農薬、食品添加物、着色料、建築用溶剤、洗剤、など、空気中の汚染物質、貴金属、放射元素、その他多くの化学物質である。
しかも大半は石油精製品である。
これら毒を抜くためには、人体の排出力と解毒能力を考慮に入れる必要がある。
ほとんどが、脂容性である為、脂肪や神経、脳内、さらに言うと、細胞膜にも入り込んでいる。
水溶性の毒と違って容易には排出できない。
フルボ酸フルビックアシュ水溶液を毎日コップのお水に数滴混ぜて飲むことにより、人体の排出力には驚くばかりです。
長年、市販の便秘薬やお茶に頼っていた人が、フルボ酸フルビックアシュ水溶液を飲んでまず最初に実感するのが排出の凄さ。
血流促進、免疫力の向上などは適度な運動をし、汗を流す事も解毒には大切です。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。