腐植について

はじめに

自然界に広く分布し、多くの作用を指摘されてきた“腐植”は、その機能の原理がほとんど不明であったため、資源としての活用がわずかな分野でなされてきたにすぎません。

例えば、ある地方の“腐植”は神経痛に効果があるとか、また別の地方の“腐植”は動植物の生育を促進する、等々でしたが、“腐植”一般がそのような効果を示さないために、ほとんどが未利用のまま放置されてきました。

しかしながら、“腐植”が多機能であることは、国際腐植物質学会や日本腐植物質学会などでも多くの研究者や文献が認めていることですし、容認すべき事柄です。

腐植についての定義

そのなかでも1986年内水 護 理学博士によって提唱された「土壌生成理論」通称内水理論を基にした研究から「腐植」と呼ばれる物質には、機能性を持つものとそうでないものとがあることが分かってきました。

この内水理論に則り、人工的に「土」を生成すると、その「土」には昔からそれぞれの地方でいい伝えられてきた現象を確認することができます。

この「土」を私どもは“腐植”と区別する意味で「腐植前駆物質」と呼ぶことにしました。

自然界では、土壌生成のメカニズムによってこの「腐植前駆物質」が常に生成されていますので、機能性のある”腐植”には、この「腐植前駆物質」が含まれ、機能性のない”腐植”にはこの「腐植前駆物質」が含まれていないということになります。

腐植について

上記より機能性を有する“腐植”は、自然界では「B」の混合物の状態で存在することになります。私どもは、この物質を「腐植物」と呼ぶことにしました。

腐植について